ワインを開栓する際に、注意深くスクリューを回していたのにもかかわらず、垂直に入っていかなかったり、抜くときにコルクが割れて、うまくいかなかったことはないでしょうか。
コルクがとうとうボロボロになって、挙句の果てにはワインボトルの中に砕けて落ちたことがあります。

スポンサードリンク

ワインオープナー

ワインを開ける作業に不慣れなうちは、金属タイプのねじるタイプのワインオープナーに、とても安心したものです。

ワインオープナーを選び、購入するときに間違えなければ、ワイン初心者であっても、コルク栓タイプのワインボトルに悩む必要はないようです。

ワインを開栓するときの道具であるオープナーは、コルクスクリューという安価なものから、ソムリエナイフといった本格的なものまで、種類が豊富です。

オープナーで一般的なタイプは、T字型のコルクスクリューですが、酒屋さんのおまけでもらえたり、購入しても安くて手頃なのですが、初心者には失敗することも少なくありません。
ワインボトルからコルクを抜く際に、力が必要になり、勢いがついてワインをこぼす原因となることから、難しい部分が多くあります。

スクリューがワインのコルクに斜めに刺さったら、抜くときにコルクが割れることもあるので、その場合はボトルにコルクを落としてしまって、その後にデカンタージュを注意深く行いましょう。
コルクが途中でボロボロに砕ける場合もあります。

ワインボトル内に入り込んでしまうケースでは、コーヒーフィルターなどを利用して、こす方法のみではないでしょうか。

ワインビギナーにお勧めする栓抜き道具は、「スクリュープル」というオープナーです。
スクリュープルの構造は、ネジの部分を回転させていくことで、コルクに刺さったスクリューが栓を押し上げてくれるので、自然に抜けていくというものです。

スクリュープルならば、高い確率で失敗しないはずですが、値段が少し高めなことと、コルクのくずが、ワインボトルの中に少し入ってしまうケースがあります。

ワインを開栓する工程を楽しみたいという方には、「ソムリエナイフ」がお勧めですが、素人が使いこなすのは難しいかもしれません。

ソムリエナイフを、ワインボトルの口のくびれた部分にあてて、ぐるりと一周させてキャップシールを切ります。
スクリューをコルクにまっすぐ差し込み回して入れていくのですが、この作業は難しいといえます。

ソムリエナイフの頭を、左手でボトルの縁にあてたら、テコの握りを右手で引きあげ、コルクが残り1センチとなったら、テコを外し、手で抜きましょう。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

ワイン通販:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://r.s-stars.com/wine/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。